Menu

JETAA News

JETAA London Charity quiz raises £100 for Second Harvest Japan

13th April 2017

JETAA London Charity quiz raises £100 for Second Harvest Japan

On the 30th of March JETAA London hosted a charity pub quiz to raise money for second Second Harvest Japan

Thanks to the generosity of a number of Japanese companies we were able to get together many great prizes. The 1st prize was 2x £30 generously donated by Nambu-tei restaurant in Baker Street. 2nd place received a bottle of yuzu sake from Maniwa-shi, Okayama courtesy of Japanese local government staff working at JLGC, 3rd was Japanese taster set courtesy of Clearspring. We also gave out JET 30th anniversary files (courtesy also of JLGC London!) and pens courtesy of Bank of Yokohama.  We raised a total of £100. Many thanks to all those who came and donated.

We also received the message below from Second Harvest Japan expressing their gratitude. If you would like to donate to support the great work they do please visit their website.

JETAAロンドンの皆さま

セカンドハーベスト・ジャパンの田中と申します。

この度は、セカンドハーベスト・ジャパンへご寄付頂けるとのこと、誠にありがとうございます。

いま日本では、子どもの貧困問題が大きく取り上げられています。子どもの相対的貧困率は16%を超え、他国と比べても高い水準となっています。特にひとり親家庭の貧困率は50%を超えています。また昨年(2016年)は10,000以上の方が日本で難民申請をし、認定されたのはたった28名で、残りの多くの方が国内で困窮状態にあります。

一方、日本では年間632万トンの食料が、食べられる状況のまま廃棄されています。そして、皆さんは日本にいらした際に気づいたかもしれませんが、日本にはフードセーフティネットがありません。行政窓口でも交番でも教会でもお寺でも、食べ物に困った時に無料で食料を受け取れる場所がないのです。

2HJでは多い日には100世帯以上の方々が食料を取りに来ており、先日から管理栄養士の職員が子どもへ食事を提供するキッズカフェもオープンいたしました。

現在2HJにはたくさんの食品の寄贈をいただき、昨年は2,500トンの食料を必要としている方々へ届け、一食を25円で提供できました。しかし日本では資金的サポートは、食料の寄付のようには増えません。今まさに、より多くの食料をより多くの方々へ届けるため、資金サポートが必要です。皆さまに頂きました寄付は、この取り組みへ大切に使わせていただきます。

ぜひ、また日本へお越しの際には、2HJへお寄りください。

遠いイギリスから日本を想い、ご支援頂けることに大変感謝いたします。

セカンドハーベスト・ジャパン

田中入馬 (Iruma Tanaka)

This website uses cookies to ensure you get the best experience on our website